読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘアケア専門店レフィーネ

毛髪診断士“髪のプロ”がいるWEBショップ【ヘアケア専門店レフィーネ】の髪と身体についての「美と健康」コラム。

レフィーネの達人に聞く!染まりにくい生え際の白髪対策

こんにちは。

ヘアケア専門店レフィーネ店長のSHIOです。

 

セルフカラーの白髪染めをしていると、

「部分的にうまく染まらない」「とくに生え際」

そんなお悩みにぶつかることがあります。

 

そんなお悩みをうまく解消していますよ!というご連絡を

レフィーネのお客様からいただきました。

 

f:id:refi-ne:20160624164721p:plain

 

レフィーネに限らず、

ヘアカラーで上手に染めるコツは

①髪にまんべんなくなじませるためにコーミングすること

②クリームを塗布した髪をあたためること

この2点ですが、

これを行っても、生え際だけ染まりにくいことがあります。

 

髪の生え際はいわば「生まれたての髪」。

キューティクルなども健康なため、色が定着しにくいのです。

(逆に、傷んだ髪のほうがきれいに染まったりします)

だからこそ、しっかりと髪にクリームをおいてあげなければなりません。

 

そのための「あぶら取り紙」!これは盲点でした。

 

早速\やってみました/!

f:id:refi-ne:20160624164811j:plain

額の生え際だけではなく、

私の場合はこめかみ部分に白髪が多いので

こめかみあたりの髪を掻き分けると、染められてない白髪が目立ちます。

そういう場合は、こめかみで髪を分けて、根元にクリームが行き届くようにし

その上からあぶら取り紙を貼ると効果的です♪

 

もちろん、この上からラップやビニールキャップ、アルミ製のキャップをかぶり

ドライヤーで、上から温風を当ててくださいね。

染まり効果がグッとアップします!オススメ。

 

▼詳細は「レフィーネの達人 Vol.3」をご覧くださいね。

レフィーネの達人 vo.3|ヘアケア専門店レフィーネ

 

本日も最後までお読みいただきまして

まことにありがとうございました。

 

*****

白髪染めで髪色やさしく美しく|ヘアケア専門店 レフィーネ